TEL:055-233-3387

〒400-0032
山梨県甲府市中央3-12-21

院外から当日の順番待ち状況を確認できます。

甲府市の耳鼻咽喉科、アレルギー科|難聴、副鼻腔炎対応

のどの疾患

ネット受付

 

よくある質問Q&A
MOBILE SITE 携帯電話でQRコードを読み込んでいただくと携帯サイトがご覧いただけます。
HOME»  のどの疾患

逆流性食道炎

逆流性食道炎は遺産の逆流によってひき起こる病気です。
胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。逆流性食道炎は胃酸の分泌が多すぎることによって発生します。脂肪分が多い食事だと胃酸は多く分泌されるので適切な食事を心がけましょう。ストレスにも大きく影響するので適度な運動などをしてストレスを貯めないようにしましょう。治療法は基本的に薬で処置いたします。

急性扁桃炎

急性扁桃炎は、口蓋扁桃(こうがいへんとう)が赤くなって腫れる急性の炎症です。急性扁桃炎にかかると主に、38度以上の発熱、のどの痛み、体のだるさ、頭痛などの症状が現れます。さらに、首のリンパ節が腫れるケースもあります。熱は38度から40度近くになりますが、たいていは3~4日で治まります。急性扁桃炎の主な原因は細菌やウイルスによる感染で、原因菌としては「インフルエンザ菌」、「溶血性連鎖球菌」、「肺炎球菌」、「黄色ブドウ球菌」、「EBウイルス」などがあげられます。
細菌による感染の場合は、それぞれの原因菌に対する抗生剤の内服薬を服用します。ウイルスによる感染の場合は、発熱、のどの痛みや腫れといった症状に合わせ、解熱鎮痛剤や抗炎症剤、うがい薬などの処方による対症療法を行います。

咽頭がん

喉頭にできたがんを喉頭がんと呼びます。
喉頭は、喉頭は舌の付け根から気管につながっています。喉頭は呼吸の通り道であるとともに、声帯の運動により声の元となる音を作ります。喉頭癌は癌のできる場所により、声門上癌、声門癌、声門下癌に分類され、
声帯にできる声門癌は早期から嗄声(声のかすれ)が出現し、進行すると血痰や息苦しさを訴えます。
声門上癌はのどの違和感や軽い嚥下時痛などを訴え、進行して進行すると呼吸困難などの症状が起こります。
声門下癌の初期はあまり症状がなく、進行すると声門癌と同様の症状が出現します。
喉頭癌は中年以降の男性に多く、そのほとんどが喫煙者です。この他、逆流性食道炎や大酒飲みも喉頭癌のリスクがあります。

食道がん

食道がんとは、食道の組織内に発生するがんの総称です。
日本人の食道がんは、約半数が胸の中の食道の真ん中から発生します。食道がんは食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。食道の上皮は扁平上皮でできているので、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。食道がんは全がんの4%前後を占めており、50代以降は加齢とともに急激に増加し、ピ-クは60歳代です。
男女比は5:1で男性に多いがんです。経年的にみると男性は横ばいであるのに対し、女性は年々減少しており、胃がん、大腸がんを含む消化管のがんの中では予後は極めて悪いのが食道がんです。これはリンパ節転移が多いことと、食道は他の消化器臓器と異なり漿膜(外膜)を有していないため、比較的周囲に浸潤しやすいことが上げられます。

声帯ポリープ

声の使いすぎや咳により声帯に外傷が加わり発症します。
症状は声のかすれです。声の質は、空気がもれる感じで、やや低音になります。声が途中で止まってしまうこともあります。検査は声を聴き。内視鏡検査を使用します。
治療はステロイドの吸入や消炎剤を用いますが、小さいポリープは声の安静でだけで治る場合もあります。
大きいポリープや内科的治療で治らない場合は手術治療になります。
違和感が続く場合は、さらなる精密検査や定期的な診察が必要です。

のどの違和感

のどがつまる感じ、異物がある感じ、何かひっかかっている感じ、狭くなっている感じなど、のどの違和感が生じることがあります。
のどの軽い炎症や外傷、後鼻漏や痰の存在、唾液分泌低下、胃液の逆流などがその原因となることが多いのですが、時には咽頭、喉頭、食道、甲状腺などの腫瘍でおこることもあるので注意が必要です。
のどは敏感な所で違和感が生じ易いのですが、内視鏡を使っても肉眼的異常がなく原因を同定することができないことも多いです。そのような場合でも異常がないことを説明すると安心して症状が軽快することもあります。

PageTop